「笑ゥせぇるすまん」とEightで名刺交換。世にも奇妙な藤子不二雄Ⓐワールドへ、あなたをお連れします。【レポート】

カテゴリー Column

いま、六本木ヒルズ展望台で開催されている藤子不二雄Ⓐ展に行くと、「笑ゥせぇるすまん」の喪黒福造と名刺交換ができます。さっそくEight Blogでも、遊びに行ってきました。


皆さんこんにちは。

少し肌寒さを感じるこの頃、なんだが心にも冷たい風が吹きそうな予感がしている、Eightの谷です。

満たされたいのに満たされない。はぁ・・・、このココロのスキマを埋めたいっ。

ということで、「ココロのスキマをお埋めします」でお馴染み、「笑ゥせぇるすまん」の喪黒福造に会ってきました。藤子不二雄Ⓐ氏の代表作品のひとつ、「笑ゥせぇるすまん」は今年で50周年なんだとか。今回、彼とばっちりEightで名刺交換してきましたよ。

moguro.PNG
Eightで見れる喪黒福造の名刺情報。ちゃんと登録してくれているなんて、うれしい!

藤子不二雄Ⓐ氏と言えば「忍者ハットリくん」、「怪物くん」、「プロゴルファー猿」などなど、老若男女に愛される作品を生み出したマンガ界の巨匠。もちろん、そのほかの藤子不二雄Ⓐワールドにもどっぷり浸かって大満足だったので、少しだけですがレポートをお届けしますね。

IMG_0219
右下のQRコードから交換できますよ。会場には数箇所、この看板が設置されています。

都合が合わずに会場へ行けない方は、こちらのQRからも名刺交換できます。スマホでご覧の方は、PCに映して読み取ってください。

small_sukima
→QRコードで名刺交換をする方法はこちら

さてさて、入り口をくぐると、まずいきなり大先生登場。ほっ、ほんもの・・・!? 紛れもなく藤子不二雄Ⓐ氏。一瞬ハッとします。等身大フィギュア、う〜ん、よく出来ていますね。ちなみに、本会場は全て撮影可能、なんとサービス精神が旺盛なこと。

IMG_0224
入り口を入ってすぐ、藤子不二雄Ⓐ氏の等身大フィギュアが、喪黒福造のキメのポーズ「ドーン!」で出迎えてくれました。

奥に進むと、壁に描かれた作品のキャラクターたちが迎えてくれます。それにトキワ荘の再現や「変なフォトスポット」など、面白いコンテンツが盛りだくさん。奥に進めば進むほどワクワクして、テンションが上がる上がる。わぁ懐かしい!怪物くん、かわいい!

IMG_2423
壁一面にキャラクターが! 漫画の世界にググッと引き込まれます。

しかしそんな中、私が最も気になったのは、「ブラックユーモア作品」のコーナー。「笑ゥせぇるすまん」もこちらのカテゴリーの作品ですね。少しゾッとするような、それでいて、現代の社会問題を考えさせられるような・・・。暗い部屋の壁面に、不気味な絵と青い光が浮かぶ・・・。

IMG_2429
ハットリくんや怪物くんとは雰囲気が全然違う、ブラックユーモアの作品。不気味ですが、人間の本質を描いているような考えさせられる作品が多く、興味をそそられました。

たとえば、こちらの作品。この作品がつくられたのは1971年ですが、びっくりしたのは、内容がまさに2018年現在でもあり得る社会問題を写し出していること。

巨匠の先見の明による作品に改めて興味がわきまして、さっそく帰りにブラックユーモア短編集の漫画を買いました。

IMG_2428
1971年の作品「明日は日曜日、そしてまた明後日も・・・」を音楽付きの映像で見ることができるコーナー。

他にも見どころはいろいろあるのですが、あとは皆さん、行ってからのお楽しみにしましょう。

さてさて、いよいよお目当ての「笑ゥせぇるすまん」コーナーへ。 ココロのスキマを早く埋・め・た・い。

なんと「笑ゥせぇるすまん」は作品単体でコーナーができています。人気なんですね。壁一面が喪黒福造ワールド。壁をたどると、高層ビルにちなんだ漫画がまるっと一話、読めるようになっています。

IMG_2437
壁に連なる漫画は、本展覧会が行われている六本木ヒルズのような高層ビルが舞台。漫画を読んだあと外を見ると、なんだか複雑な気分。

おおっ、名刺を差し出している!

IMG_2438
欲を出し過ぎると痛い目にあう。「笑ゥせぇるすまん」はそんなストーリーが多いですね。改めて肝に命じようと思いました。

そして定番のラスト、主人公が奈落の底へと突き落とされる・・・

IMG_2440
トリックアートのフォトブースで撮影した写真の上下を反転したもの。皆さん、行ったからにはこの写真を撮ってみてくださいね!

日にち限定で、喪黒福造の紙の名刺がもらえる日もあります。(詳しくは公式HPをご確認ください)「どうしても、紙の名刺が欲しい!」という人は、狙って行ってみるのも面白いかもしれません。もちろん、紙の名刺をもらったら、Eightで保管もお忘れなく!


ところでいま、Eightで喪黒福造と名刺交換をするとフィードで彼の投稿が見られます。仕事や生活の中で感じているココロのスキマに関する質問が届くので、ぜひ回答してみてください。Eightメッセージでも、メール(Eightの名刺情報にあるメールアドレス)でもよし。

第一回目のお題はこちらです。

「あなたの人に言えないコレクションは?」

メッセージが続々と来ているようなので、その一部を覗いて見ましょう。

IMG_2444
喪黒福造が選んだ回答は・・・。あなたの返信も選ばれるかも。

藤子不二雄Ⓐの作品を知っている人も今回初めて知った人も、誰でも楽しめる展覧会です。週末、キャラクターと触れ合いに、遊びに行ってみませんか?

大学卒業後、広告制作会社に入社。ビジュアル制作の制作進行管理に従事する。4年目で広告のアイデアや制作過程に興味がわき、コピーライターを目指して転職を決意。

しかし未経験OKの制作会社は少なく、書店のフリーペーパー制作を行う。編集職だと思っていたが、なぜか飛び込み営業をやることに。やってみると思いの外面白く、またこの時期の様々な企業の方との出会いが、後々の仕事に生かされることになる。

コピーライティングを学びたい気持ちは変わらず、再び転職活動を開始。運よく出会えた広告制作会社に入社し、コピーライターとして大手化粧品会社や飲料メーカーの広告制作に従事する。

5年目で、デジタル媒体の経験不足に焦りを感じ、転職エージェンシーに相談に行く。そこで担当のコンサルタント(社長)から「うち、どう?」という一言をもらったことから、人材業界の経験はなかったが、面白そうなので入社を決める。

新卒、中途向けのサービスサイトの中で、インタビュー記事や広告・デジタル業界関連の記事制作を行う。サービスのブランドブックやイベントツールなどの制作物の担当も一手に担った。

インタビューで様々な企業とコミュニケーションを取る中で、人材の大切さ、社員全員が共通のミッションに向かうことの大切さを知る。そこで、社員に一体感があり、ミッションが明確な環境で働きたいという思いが強まり、Sansan株式会社に入社。