【名刺の活用事例2選】企業で名刺管理をすれば、業務が変わる!

カテゴリー Eight Team

Eight Teamは、名刺をチームで共有するサービスです。
具体的に、2つの活用シーンをご紹介します。

1.名刺共有で代理対応もスムーズに

上司から「青山ガーデンの荒木さんに明日の会議の件、電話しておいて」と依頼された。
しかし手元に名刺はなく、顧客情報も管理ができてないためすぐに対応ができない。
このように、連絡先を探すのに手間取ったことはありませんか?

Eight Teamでは、社員がもらった名刺をいつでもどこでも検索・閲覧できます。パソコン、またはアプリで会社名や名前を検索するだけで、すぐに連絡をとることができます。

【検索|パソコン】

【検索|スマホアプリ

該当する人物の名刺をクリックすれば連絡先を確認でき、電話やそのままメールも送れます。

名刺詳細画面

2.名刺共有で電話対応も効率的に

取引がないお客様から急な電話。「随分前に御社の営業さんが挨拶に来てくれた」と仰っているが、誰が挨拶をしたのか記録もなく、電話の取り次ぎに苦労した。
そんな経験ありませんか?

Eight Teamは名刺の所有者を確認することができます。連絡頂いたお客様と社内の誰が接点があるのかを確認し、スムーズに取り次ぎができます。

所有者を確認

名刺詳細画面のアドレスバーに表示しているURLを送ると、簡単に正確な情報を
営業担当に伝えることができます。

同僚ともEightで名刺交換をしておくとメッセージで共有も出来て便利です。

名刺を共有することで業務の効率を上げていきませんか?
Eight Teamでは名刺の共有以外にも業務に役立つ機能がございます。

Eight Teamにご興味いただいている企業様の導入までの支援を行っております