名刺のうら面もまとめて撮影できるようになりました。

カテゴリー 名刺を管理する

こんにちは。Eightの村上です。

このたび、うら面に連絡先が書かれている名刺も、複数枚まとめて撮影できるようになりました。

これまでも、2つある撮影モードのうち「連続スキャン」ならうら面を撮影できましたが、「名刺を読み取る」モードのように撮影したその場で名刺情報を読みとる機能はないことから、データ化されるまでにタイムラグがありました。

そこで今回、うら面に連絡先が書かれている名刺の情報も、よりスピーディーにご活用いただけるよう「名刺を読み取る」モードを強化しました。

「名刺を読み取る」モードなら、撮影したその場で「氏名」「会社名」「メールアドレス」「電話番号」がデータ化されるため、例えば訪問をしたその日のうちにお礼のメールを送ることも可能です。さらに、相手もEightを使っていたら、その場でつながってキャリアサマリの閲覧やメッセージのやりとりができます。

App Storeから最新版にアップデートして、次回からよりスピーディーに名刺情報を活用しましょう。

※ 両面撮影機能はiPhone版Eightでのみご利用いただけます。Android版も追って機能アップデートを予定していますのでご期待ください。


うら面もデータ化するなら

名刺をさらに活用できる「Eight プレミアム」なら、名刺の両面に記載されている全項目が、これまでの1/3の時間でデータ化されます。これまでに登録した名刺もうら面まで再データ化されますので、今からのご入会でも遅くはありません。

この機会にぜひご検討ください。詳しくは以下のブログをご参照ください。

【比較表】Eight無料版と有料版の違いを解説


文/村上知香