全国のワークスタイリングで、Eight対応スキャナーを利用できるようになります【法人向け多拠点型シェアオフィスと連携】

カテゴリー Column

名刺がたまったら、ぜひお近くのスキャンスポットに足を運んでみてください。【Column】


このたび、法人向け多拠点型シェアオフィス「ワークスタイリング」の全40拠点で、Eight対応の高性能スキャナーを利用できるようになります。

Eightは、全国のコワーキングスペースやルノワールに対応スキャナーを設置し、ユーザーなら誰でも無料で利用できる「どこでもスキャン」サービスを展開しています。こちらのサイトでお近くの対応店舗「スキャンスポット」を検索し、手軽に利用できます。

「これまでにたまった名刺が多すぎて、アプリのカメラでは撮影しきれない」
「名刺交換の頻度が高いため、気づいたら名刺入れがパンパンになっている」

そうした方もサクッと名刺を取り込めるよう始めたサービスです。

大量の名刺をまとめてサクッとデータ化できるサービスがあるんです。

ワークスタイリングは、350社超が会員企業として登録しており、毎月延べ約7万人の会員に利用されています。より多くのビジネスパーソンの名刺管理にかかる手間を減らし、生産性向上を応援するために、今回連携する運びとなりました。

Eight対応スキャナーは順次展開し、9月初旬までに全拠点への設置を完了する見込みです。現在は、東京ミッドタウン(六本木)、八重洲、汐留、新宿西口の4か所でご利用いただけます。

ワークスタイリングとの連携について、詳細はこちらのプレスリリースをご参照ください。

※ 2019年8月現在。


なお、Eight対応スキャナーを利用するには、専用のアプリ「Eight scan」が必要です。事前にApp Store / Google Playでインストールすることをおすすめしています。詳しい手順はこちらのヘルプをご参照ください。

まだ紙の名刺がたまっている方は、これを機にぜひお近くのスキャンスポットにお立ち寄りください。


【読者アンケート #26】この記事を読む前から「スキャンスポット」のことをご存知でしたか?

View Results

Loading ... Loading ...

個人情報お取り扱いの方針 に同意して、回答をクリックしてください。なお、Eightユーザー以外からの回答の場合は、アンケート調査のために利用いたします。

アンケートの回答は今後のブログ改善のために利用いたします。ご協力のほどよろしくお願いいたします。


文/村上知香

2016年12月、新しい価値を生み出す事業内容に惹かれ、Sansan株式会社に入社。ビジネスSNS Eightのプロジェクトマネジャー(PM)として、ユーザーのエンゲージメントを向上させるための機能開発を推進。

2018年1月、Eightが運営するメディア「Business Network Lab(BNL)」編集部に異動。「Eightの便利な使い方をもっと広めたい」という思いから、「Eight Tips」カテゴリを立ち上げる。

同年6月、「Eight Tips」の拡張版としてEight公式ブログ「Eight Blog」を開設。同ブログでは、使い方紹介に加え、ユーザーの活用事例や社員インタビューなどのコンテンツを配信。