Eightの企業向けサービスって、Sansanと何が違うの? 元Sansan営業が徹底解説

カテゴリー Column

社内のEightユーザー同士で名刺を共有できる「企業向けプレミアム」について、法人向けのクラウド名刺管理サービス「Sansan」との比較を交えながら解説します。【Column】


こんにちは。Eightの村上です。

タイトルを見て「Eightって企業向けサービスもあるの?」と驚かれた方もいらっしゃるかもしれません。実は、社内のEightユーザー同士で名刺を共有できるサービスがあるんです。その名も「企業向けプレミアム」。

取材先やイベントで紹介すると、こんな質問をいただくことがあります。

「Sansanと何が違うんですか?」

弊社では、法人向けのクラウド名刺管理サービス「Sansan」を提供しているということもあり、比較される方も多いようです。

そこで今回は、「Sansan」の営業経験もある野本佳那をゲストに迎え、「企業向けプレミアム」の利用シーンや、おすすめしたい企業の特徴ついて解説してまいります。

Eight 企業向けプレミアム
個人向け名刺アプリ「Eight」が提供する、名刺管理・名刺共有のためのサービスです。社内のEightユーザー同士で名刺を共有し、閲覧・検索できます。社内で共有された名刺を一括ダウンロードし、メルマガや年賀状の宛先リストを作成することも可能です。国内で200万人以上が利用している「Eight」をベースとしたサービスなので、使いやすく、導入コストが低い点でご評価いただいており、中小企業での導入が進んでいます。

──初めに、企業向けプレミアムがどんなサービスかを説明してもらえますか?

ひと言でいうと、個人がEightに登録した名刺を、社内のEightユーザー同士で検索・閲覧できる仕組みです。「名刺共有」や「名刺管理」というとピンとくる方も多いのではないでしょうか。

──導入の目的はどのようなものが多いですか?

同僚が持っている名刺を閲覧したい」あるいは「同僚が自分の名刺を閲覧できるようにしたい」。基本的には、この2つに当てはまることが多いと感じています。

ですので、それらのご要件は企業向けプレミアムで満たせることをきちんとお伝えしながら、具体的にどんな利用シーンを想定されているかを伺っていきます。

──具体的にはどんなケースがあるのでしょう?

新しく入社した営業が、既存の営業の持っている名刺を閲覧したいというケース。あとは、営業アシスタントが、営業が各々持っている名刺を効率よくデータ化したいとか。それから、社長や役員が、自分の名刺を部下が閲覧できるようにしたいというケースもありますね。

──ちなみに、野本さんはSansanの営業も経験されていますよね。企業向けプレミアムと比較したときに、利用用途にはどんな違いがありますか?

先ほども説明した通り、企業向けプレミアムは「同僚が持っている名刺を閲覧したい」あるいは「同僚が自分の名刺を閲覧できるようにしたい」という目的で利用されることが多いです。

それに対して、Sansanの場合は「全社員の名刺データを企業の財産として蓄積したい」「全社的な名刺データベースを構築したい」という目的であることが多いですね。ですので、企業向けプレミアムについてお問い合わせいただいたお客様の中で、そうしたご要件の方がいらっしゃった場合には、Sansanをご案内するようにしています。企業向けプレミアムは、あくまでも個人が所有している名刺を、社員同士で検索・閲覧するための仕組みなので。

※ 転職して勤め先が変わった場合には、企業に公開していた名刺は非公開となります。

スクリーンショット 2019-04-24 10.21.16.png
企業向けプレミアム担当者が社内のEightユーザーを「招待」し、招待を受けた社員が「承諾」することで名刺データが共有されます。参加メンバーとなる社員は、所有する名刺の「共有/非共有」設定を行います。なお、メンバーの「解除」は、企業向けプレミアム担当者またはメンバーが任意で行えます。解除されたメンバーの名刺データは、そのまま個人で活用できます。企業向けプレミアムの詳細についてはこちらのサービス紹介ページをご参照ください。

──各社、何人くらいで利用しているんですか?

企業向けプレミアムの場合は、会社の規模としては従業員数が10〜50名で、その中で実際に利用するのは7〜8名というケースが多いです。全社で利用しているお客様もいらっしゃいますが、基本的には営業部や社長室などの部署・チーム単位で利用しているケースが大半を占めています。

Sansanは「名刺を企業の資産に変える」というコンセプトのもと、全社で利用するサービスということもあり、利用者数は1,000名を超えるケースも多くあります。

たまにですが、全社での利用も視野に入れているものの、まずは特定の部署でスモールスタートをしたいという考えから、企業向けプレミアムを選ぶお客様もいらっしゃいます。Eightに登録した名刺画像をSansanに取り込んで再データ化するための仕組みもあるので、まずは小さく始めたいという方にもおすすめしています。

──ところで、野本さんは昨年の3月にEight事業部に異動されたんですよね。企業向けプレミアムの営業に興味を持ったきっかけは何だったのでしょう?

当時、数名から200名規模のお客様を担当していたのですが、Sansanだと需要に対してオーバースペックだとおっしゃるお客様もいらっしゃいました。「とりあえず紙の名刺をデータ化しておきたい」とか「同僚が持っている名刺を見たい」とか、そうした需要をお持ちのお客様にとっては少し高機能だと感じられるようです。

ただ、それでツールの導入自体を断念してしまうのはとても残念だと思っていて。社内で互いの名刺を見られる。それだけで「隣の人ってこんな人脈があったんだ」とか「名刺ってこんな使い方があったんだ」とか、さまざまな気づきが得られると思うんです。もしかしたら、そこからビジネスにつながる出会いが生まれるかもしれません。だからこそ、先ほど挙げたような需要にシンプルに応えられる、企業向けプレミアムに大きな可能性を感じています。


今回の話をまとめると、企業向けプレミアムはこんな方におすすめです。

  • 社内のEightユーザー同士で名刺を検索・閲覧したい
  • 営業が各々持っている名刺を効率よくデータ化したい
  • 自分の名刺を部下が閲覧できるようにしたい
  • 7〜8名の部署・チーム内で互いの名刺を見たい

いずれか一つでも当てはまった方は、ぜひこちらのサービス紹介ページをご参照ください。サービス詳細や導入の流れなどをご案内しています。

Eight 企業向けプレミアム
個人向け名刺アプリ「Eight」が提供する、名刺管理・名刺共有のためのサービスです。社内のEightユーザー同士で名刺を共有し、閲覧・検索できます。社内で共有された名刺を一括ダウンロードし、メルマガや年賀状の宛先リストを作成することも可能です。国内で200万人以上が利用している「Eight」をベースとしたサービスなので、使いやすく、導入コストが低い点でご評価いただいており、中小企業での導入が進んでいます。

文/村上知香、写真/ブランドコミュニケーション部 高橋淳

2016年12月、新しい価値を生み出す事業内容に惹かれ、Sansan株式会社に入社。ビジネスSNS Eightのプロジェクトマネジャー(PM)として、ユーザーのエンゲージメントを向上させるための機能開発を推進。

2018年1月、Eightが運営するメディア「Business Network Lab(BNL)」編集部に異動。「Eightの便利な使い方をもっと広めたい」という思いから、「Eight Tips」カテゴリを立ち上げる。

同年6月、「Eight Tips」の拡張版としてEight公式ブログ「Eight Blog」を開設。同ブログでは、使い方紹介に加え、ユーザーの活用事例や社員インタビューなどのコンテンツを配信。