打ち合わせ後の連絡に「グループルーム」を使ってみませんか?

カテゴリー Advanced Tips

3人以上のグループで気軽にメッセージをやりとりできる「グループルーム」の活用方法を解説します。【Advanced Tips】


この記事はEightが運営するメディア「BNL」から転載しています。

2018.02.19

名刺交換をしたあとのお礼の連絡。ほとんどの場合メールで送りますが、もっとカジュアルにやりとりしませんか?

Eightのメッセージなら、仕事で知り合った人でも気軽にチャット形式でやりとりできます。

3人以上の連絡には「グループルーム」を使ってみましょう。複数の宛先を選択するだけで、関係者全員とメッセージのやりとりが可能に。途中から参加する人も、過去の会話をさかのぼって見られます。

グループルームの参加者どうしなら、直接つながっていなくてもメッセージをやりとりできるため、知り合いを紹介するときにも便利です。

グループルームの作り方

複数の宛先を選択するだけ。宛先は名刺交換日の順に並んでいるため、簡単に選択できます。

メールだと実際に相手が確認しているか分かりませんが、Eightのグループルームならメンバーごとに未既読を把握できます

知り合いを紹介する方法

グループルームなら会話の流れから、スムーズに知り合いを紹介できます。2人でメッセージをしているところにもう1人追加すると、2人で会話していたルームとは別に、新しく3人のグループルームが作成されます。

相手のプロフィールを確認できるので、長い紹介文は必要ありません。


  • 文/村上知香
  • イラスト/Eightデザインチーム
2016年12月、新しい価値を生み出す事業内容に惹かれ、Sansan株式会社に入社。ビジネスSNS Eightのプロジェクトマネジャー(PM)として、ユーザーのエンゲージメントを向上させるための機能開発を推進。

2018年1月、Eightが運営するメディア「Business Network Lab(BNL)」編集部に異動。「Eightの便利な使い方をもっと広めたい」という思いから、「Eight Tips」カテゴリを立ち上げる。

同年6月、「Eight Tips」の拡張版としてEight公式ブログ「Eight Blog」を開設。同ブログでは、使い方紹介に加え、ユーザーの活用事例や社員インタビューなどのコンテンツを配信。