「@+名前」で自分の投稿を特定の相手にお知らせ━━メンション①

カテゴリー Advanced Tips

Eightの新しい機能をご紹介します。フィードでの投稿やコメントでメンションができるようになりました。【Advanced Tips】


メンションをすれば、他の投稿に埋もれない

投稿やコメントをする時に、「この投稿、〇〇さんが見てくれたらいいな」と思うことはありませんか?

そんな時こそ、Eightの新機能「メンション」がひと役買います。

「@+名前」を加えてみてください。名前の相手のスマホにプッシュ通知と、Eightにお知らせが配信されます。これで、見てほしい相手により確実に届きます。

どんな時に使うの?

「メンション」は、さまざまなシーンで役立ちます。今回はその中から、ひとつのシーンをご紹介。

つながっている人の会社のうれしいニュースを発見、さっそくシェアをします。その時に、お祝いの言葉を添えて相手をメンションしてみましょう。

投稿すると名前の文字の色が変わります。タップするとその人のEightプロフィールを見ることもできます。

投稿で情報を拡散しつつ、特定の人にメッセージも送れる、そんなイメージです。まさに一石二鳥。

それに、多くの人にとっては「情報」のひとつである投稿も、メンションをされた相手にとっては「自分だけに届いたメッセージ」です。特別感があるので相手がコメントを返してくれる可能性も高まりますし、さらにそこから会話が広がるかもしれません。

コメントを送り合うことで会話が弾むかもしれません。新しいビジネスにつながる可能性も。

ひとつの投稿やコメントが、メンションした側、された側、両者のビジネス拡大のきっかけをつくるかもしれません。ぜひ積極的に使ってみてください。

さっそくメンションしてみよう

[近況アップデート]の入力画面で「@」の後にメンションしたい相手の名前を入力します。候補が表示されるので、選択してください。

コメントの場合も同様です。「@」の後ろに名前を入れると候補が表示されます。

「@+名前」を入れると、Eightでつながっている人の中から候補が表示されます。
[近況アップデート]の入力画面を開くと出てくる、メニューの[@ メンション]ボタンも便利です。

メンションされた人は・・・

メンションをされると、Eightにお知らせがきます。

メンションが役立つシーンはまだまだあるのですが・・・まずは基本から。思いや情報を届けたい相手をメンションして、コミュニケーションのきっかけをたくさん作ってください。

次回は、応用編。イベント集客などで役立つ使い方についてお話しします。


文/谷瑞世

2016年12月、新しい価値を生み出す事業内容に惹かれ、Sansan株式会社に入社。ビジネスSNS Eightのプロジェクトマネジャー(PM)として、ユーザーのエンゲージメントを向上させるための機能開発を推進。

2018年1月、Eightが運営するメディア「Business Network Lab(BNL)」編集部に異動。「Eightの便利な使い方をもっと広めたい」という思いから、「Eight Tips」カテゴリを立ち上げる。

同年6月、「Eight Tips」の拡張版としてEight公式ブログ「Eight Blog」を開設。同ブログでは、使い方紹介に加え、ユーザーの活用事例や社員インタビューなどのコンテンツを配信。