大学卒業後、広告制作会社に入社。ビジュアル制作の制作進行管理に従事する。4年目で広告のアイデアや制作過程に興味がわき、コピーライターを目指して転職を決意。

しかし未経験OKの制作会社は少なく、書店のフリーペーパー制作を行う。編集職だと思っていたが、なぜか飛び込み営業をやることに。やってみると思いの外面白く、またこの時期の様々な企業の方との出会いが、後々の仕事に生かされることになる。

コピーライティングを学びたい気持ちは変わらず、再び転職活動を開始。運よく出会えた広告制作会社に入社し、コピーライターとして大手化粧品会社や飲料メーカーの広告制作に従事する。

5年目で、デジタル媒体の経験不足に焦りを感じ、転職エージェンシーに相談に行く。そこで担当のコンサルタント(社長)から「うち、どう?」という一言をもらったことから、人材業界の経験はなかったが、面白そうなので入社を決める。

新卒、中途向けのサービスサイトの中で、インタビュー記事や広告・デジタル業界関連の記事制作を行う。サービスのブランドブックやイベントツールなどの制作物の担当も一手に担った。

インタビューで様々な企業とコミュニケーションを取る中で、人材の大切さ、社員全員が共通のミッションに向かうことの大切さを知る。そこで、社員に一体感があり、ミッションが明確な環境で働きたいという思いが強まり、Sansan株式会社に入社。