自動で名刺が整理される「スキルタグ」をリリースしました

カテゴリー 名刺を管理する

このたび、新機能「スキルタグ」をリリースしました。EightのAIが、あなたの代わりに名刺にタグを付けて分類します。

これまでも、タグ(旧:ラベル)付けの機能はありましたが、ユーザー自身が手動で行う必要がありました。そこで、自動でタグ付けされる機能を搭載し、ユーザーが手間なく名刺を活用できるようアップデートしました。

便利になった3つのポイントをご紹介します。


ポイント1:カテゴリごとに名刺を参照できる

 search_tag.png

「法人営業」「Webデザイナー」「プロモーションプランナー」などのスキルごとに名刺を参照できます。例えば、プロジェクトを立ち上げる際に、知見を持っている人を探すことに役立ちます。


ポイント2:相手のスキルを確認できる

tanin-meishi_tag.png

一枚の名刺につき、スキルタグは複数付けられます。相手がどんなスキルを持っているのかを網羅的に確認し、ビジネスのコミュニケーションに役立てられます。

例えば、商談前に名刺を参照し、スキルを確認しておけば、相手の前提知識を推し量りながらスムーズに会話を進めることができます。


ポイント3:自分の強みを知ってもらうきっかけになる

スキルタグは、自分のプロフィールとしても設定できます。自分の強みを知ってもらい、仕事の機会を広げるのに役立ててください。


ラベル→マイタグに名称が変更になりました

任意の名前を付けて名刺を分類できる「ラベル」という機能があります。機能面は変わらず、名称が「マイタグ」に変更されました。

「スキルタグ」の項目名があらかじめ決まっているのに対し、「マイタグ」は任意の名前が付けられます。例えば、「〇〇村地域開発プロジェクト」のような「マイタグ」を作成し、関係者の名刺にタグ付けしておけば、プロジェクト単位で名刺を探すことに役立ちます。あるいは、イベントで一度に大勢の人と名刺交換した場合には、イベント名の「マイタグ」を付けておくと、後で見返したときに出会ったシチュエーションを想起しやすくなります。

「スキルタグ」と合わせて、ぜひご活用ください。


文/村上知香

2016年12月、新しい価値を生み出す事業内容に惹かれ、Sansan株式会社に入社。ビジネスSNS Eightのプロジェクトマネジャー(PM)として、ユーザーのエンゲージメントを向上させるための機能開発を推進。主に要件定義、ディレクション、KPI分析を担当。

2018年1月、Eightが運営するメディア「Business Network Lab(BNL)」編集部に異動。「Eightの便利な使い方をもっと広めたい」という思いから、「Eight Tips」カテゴリを立ち上げる。

同年6月、「Eight Tips」の拡張版としてEight公式ブログ「Eight Blog」を開設。同ブログでは、使い方紹介に加え、ユーザーの活用事例や社員インタビューなどのコンテンツを配信。