社外とのつながりから得た、会社を辞めずにキャリアアップするヒント

カテゴリー Interview, Premium

こんにちは。名刺アプリEightの村上です。

ここ2年のあいだに、ユーザーへの取材や、ユーザーコミュニティへの参加を通じて、生き生きと働くビシネスパーソンに出会いました。さまざまな着想を得られると同時に、社外からの刺激がモチベーションになりました。会社の内にばかり目を向けていたら分からないことも、外を見たら解決することもきっとあるはずです。

今回取材した川上香苗さんは、ユーザーコミュニティの運営メンバーで、2年前にかねてから希望していたという部署に異動し、今年の春には昇進されたそうです。1年前にコミュニティにジョインして以来、他のユーザーから学んだEightの活用法を取り入れ、ビジネスに役立てていたといいます。社外から得た着想をどのように生かしたのかを伺いました。

“転職活動”期間は0日。エージェントを使わないキャリアアップのすすめ

名刺アプリEight
Eightは、無料で使える個人向けの名刺アプリです。スマートフォンで名刺を撮影するだけでデータ化され、手間なく名刺管理ができます。データ化の速度と正確性には定評があり、2012年のサービス開始以来、高精度の「自動読みとり」と「スタッフの手入力」を組み合わせた技術は、常に進化を続けています。名刺交換をした相手もEightを利用していれば、あなたのビジネスネットワークに加わります。異動や昇進などで名刺が変わった際には通知が届き、「近況の投稿」や「メッセージ」で情報交換も可能に。日々の仕事の出会いが、新たなビジネスの可能性につながります。

 

kawakamisama2_1200px.png
株式会社JVCケンウッド・公共産業システム 川上香苗さん 慶應義塾大学法学部を卒業後、新卒で損害保険会社に入社。専業主婦を経験し、株式会社ケンウッド・コア(グループ内会社統合を経て、現・JVCケンウッド・公共産業システム)にて復職し、長年営業事務としてキャリアを積む。2017年8月、空間音響ソリューション「KooNe(クーネ)」の事業推進業務に従事し、2019年4月より事業戦略部にてさまざまな商材をかけ合わせたソリューションのマーケティングを担当。

──川上さん、少し前に名刺を更新されていましたね。

はい、今年の4月からアシスタントマネージャーとして、事業戦略部マーケティンググループでさまざまな商材をかけ合わせたソリューションのマーケティングを担当しています。具体的には、ホームページのリニューアルや、セミナーやイベントの企画・運営、社内勉強会の運営サポートなど、幅広く行なっています。

その前は、空間音響ソリューション「KooNe」の事業推進業務に2年ほど携わっていました。

kawakamisama3.png
異動や昇進などにより名刺を更新したら、Eightで名刺交換した相手に通知が送られます。

──ご昇進おめでとうございます! Eightのプロフィールで、営業事務のご経験が長いと拝見しました。2年前に異動されたのは、何がきっかけだったのでしょう?

希望を出し続けていたら、前の上司が推薦してくれたんです。長く営業事務として働きながら、活躍の場を広げるためにマクロやビジネス英語などのさまざまなスキルを積極的に身につけました。娘が大学生になったあたりから、そのスキルを生かしてもっと別のフィールドで活躍したいという想いが年々強まり、会社がその意思を汲んでくれて、2年前に「KooNe」の事業推進チームに異動となりました。

「KooNe」に携わった2年間の仕事が認められ、今回、アシスタントマネージャーへの昇進が決まり、そのタイミングで「KooNe」を含む複数のソリューションを推進する事業戦略部に異動となりました。実はこの昇進には、Eightを通じて得たつながりや、発信力が認められたことも背景にあります。

──というと?

「KooNe」の事業推進チームに異動して以来、「KooNe」の情報や、それに関連する「働き方」や「オフィス環境」をテーマとした記事を、積極的にEightでシェアするようになりました。多くのお客様から「見ているよ」「面白いね」とポジティブな反応をいただき、それがアイスブレイクとなりスムーズに商談を進めることができました

また、投稿をきっかけにオフィス環境に携わるさまざまな企業の方とつながり、オフィス見学をさせていただくこともありましたね。多いときは月に3回のペースで見学をし、そこで得た着想を仕事に取り入れていました。

kawakamisama4.png
KooNe」は、リラックス効果により居心地を良くするための空間音響ソリューションで、BGMと異なり無意識のうちに感じられる「自然の環境音」を独自のハイレゾ音響システムで再現しているそうです。取材を行なったスペースでも、川上さんに言われて耳をすましたら、鳥のさえずりが聞こえてきました。シーズンや時間帯に応じてサウンドが変化するのだとか。

──投稿をする際に、どんなことを意識しましたか?

「KooNe」に関連する情報であることと、できるだけ自分の意見を添えることを意識しました。Eightのコミュニティイベントに初めて参加した時に、某印刷会社の方がEightの投稿の活用法を発表しているのを拝見して、自分も真似してみようと思ったのがきっかけです。Eightコミュニティの皆さまはとてもエネルギッシュで仕事に前のめりな方が多く、いつも良い刺激を受けています。なかでも、その印刷会社の方はEightでの投稿を始め、さまざまな社外での取り組みを通じて実績を重ねていらっしゃり、私も「まずはやってみよう」と思わされました。

「個人アカウント」と「企業アカウント」。2つの方法で情報発信し、受注につなげるマーケターを取材。

Eightコミュニティには、営業目的でいらっしゃっている方はいませんが、話しているうちにビジネスにつながり、その方は一度オフィスにお越しいただいたこともあるんですよ。上司の後押しもあり、チラシなどのクリエイティブを作っている関連会社におつなぎしたところ、一緒に仕事をすることになったと聞いています。

工場の音響システムに課題を感じていらっしゃるとのことで、逆に私が訪問して音響システムをご提案したこともありましたね。

──コミュニティイベントが、Eightをさらに活用するきっかけとしてお役に立てたのは嬉しい限りです。

イベントをきっかけに、投稿だけではなく、ラベル機能も積極的に使うようになりました。某DtoCアパレル会社の方が、相手のことを覚えておくための手段としてラベルやメモを活用し、信頼関係の構築につなげているとお話しされていました。その話を受けて、私もEightに登録した名刺をラベルで分類するようになりました。

例えば、「KooNe」のお客様の名刺には「KooNe」、代理店の方には「パートナー」というラベルを付けるようにしています。あとは、「友人」や「Eightで名刺交換」などのラベルも使っています。

セミナーのご案内を送る際に、Eightの名刺データをダウンロードして宛先リストを作成しているのですが、その時にラベルでフィルターをかけられるのは助かりました。セミナーの開催地に応じて、名刺に記載の住所で絞り込むこともできるので重宝しています。

※ Eightに登録した名刺を任意の名前で分類するための機能。詳細はこちら

「人と会う前には必ずEightのメモを確認しています」──D2Cアパレルの広報に聞いた、信頼を深めるメモの活用法

──ありがとうございます。先ほど「友人」とおっしゃっていましたが、学生時代のご友人ともEightでつながっているのでしょうか?

はい、しばらく会っていない友人と再会した時に、互いの近況を報告するきっかけとしてよく名刺交換しています。私の投稿やキャリアサマリを見て「こんな仕事してるんだね」「面白いね」と言ってくれて、そこから話が広がることもあるので、友人とも積極的にEightでつながるようにしています。

ちょうど来週、卒業25周年記念の集まりがあるので、その時にも活用させてもらいますね。

「1万枚もコツコツと取り込んだかいがありました」。名刺データを活用したメルマガ配信で、雑誌の連載が決まったユーザーを取材しました

──ところで、もっと別のフィールドで活躍したいと思った時に、転職する選択肢はなかったのでしょうか?

幸い、上司や同僚などの周囲の環境には恵まれていたんです。だからこそ、もっと別のフィールドにチャレンジしたいという想いを持ちながらも長く働き続け、その結果希望を叶えることができました。弊社では、集中したいときにはサテライトオフィスを利用できるなど、柔軟な働き方が推進されています。働きやすい会社ですし、何より愛着があります。

ただ、会社にいると、どうしても似たようなバックグラウンドや考えの人と接する機会が多く、行き詰まってしまうこともあるでしょう。そんな時に、異なる業種や職種、環境で活躍している方々と触れ合うことで、仕事に対する考え方の幅が広がると思います。今後もEightを利用して、社外の方とのつながりを大事にしていきたいです。


川上さん、ありがとうございました! いまある環境を大事にしながらキャリアの可能性を広げていくその姿勢に、自らのあり方を改めて考えさせられました。

Eightでは、企業向けの採用サービス「Eight Career Design」を提供しています。「キャリアデザイン」という名前は、企業と人との出会いの場を提供するだけではなく、名刺のつながりを通じてより良いキャリアを築くお手伝いがしたいという想いからつけました。ユーザー一人ひとりの可能性を広げるサポートができるよう、Eightは今後さらに進化してまいります。

“転職活動”期間は0日。エージェントを使わないキャリアアップのすすめ

Eight Career Design(ECD)
Eight Career Designは、名刺アプリ「Eight」が提供する企業向けの採用サービスです。アメリカで主流のダイレクトリクルーティングおよび、タレントプールの仕組みを取り入れ、従来の転職市場にはない価値を提供します。

文・写真/村上知香

2016年12月、新しい価値を生み出す事業内容に惹かれ、Sansan株式会社に入社。ビジネスSNS Eightのプロジェクトマネジャー(PM)として、ユーザーのエンゲージメントを向上させるための機能開発を推進。

2018年1月、Eightが運営するメディア「Business Network Lab(BNL)」編集部に異動。「Eightの便利な使い方をもっと広めたい」という思いから、「Eight Tips」カテゴリを立ち上げる。

同年6月、「Eight Tips」の拡張版としてEight公式ブログ「Eight Blog」を開設。同ブログでは、使い方紹介に加え、ユーザーの活用事例や社員インタビューなどのコンテンツを配信。