【法人向けEight】営業フォローに役立つ、共有ラベルの使い方3選

カテゴリー Advanced Tips, Corporate, Premium

チームの連携を加速する、「共有ラベル」を使った名刺の分類方法をご紹介します。【Advanced Tips】


こんにちは。Eightの村上です。

チームで仕事をするにあたって、基本でありながら意外と難しいのが「情報共有」。情報の粒度や人数によって共有の方法はさまざまですし、課題として挙がっている企業も少なくないかもしれません。

そこで、方法の一つとしておすすめしたいのが、企業向けプレミアムの「共有ラベル」機能。「ラベル」は任意の名前で名刺を分類するための機能で、「共有ラベル」はそれを部署・チームで利用するための仕組みです。

今回は実例をもとに、チームの連携に役立つ、共有ラベルにおすすめの項目名を3つご紹介します。

Eightの企業向けサービスって、Sansanと何が違うの? 元Sansan営業が徹底解説

※ 企業向けプレミアムは、社内のEightユーザー同士で名刺を共有し、検索・閲覧できるサービスです。詳しくはこちらのサービス紹介ページをご参照ください。


パートナーと顧客で分ける

販売パートナーや、外注先などの名刺には「パートナー」ラベル、エンドユーザーの名刺には「顧客」ラベルを付けると、チームで名刺を活用しやすくなります。例えば、営業のコンタクトをとる場合にも、「顧客」ラベルを付けておけば、簡単に対象を絞り込めます。

特に新人の頃は、社名を見ただけでは相手企業との関係性がパッと分からなかった記憶があります。入社したばかりの人もすぐに見分けられるよう、ラベルを付けておくことをおすすめします。


顧客の温度感で分ける

一つの名刺に複数ラベルを付けることも可能です。「顧客」ラベルに加え、顧客の温度感を示すラベルを付けると良いでしょう。例えば、製品やサービスに対して「とても興味がある」「少し興味がある」「今は興味がない」などのラベルを付けておくと、次にどんなアクションをとるかの参考材料になります。

部署・チーム内で事前にルールを決めておいて、顧客の温度感をA・B・C・Dなどのアルファベットで示すのもおすすめです。

また、得意先の名刺にもラベルを付けておくと、例えば、新製品・サービスなどのアップデート情報があった際に、逐一案内することが可能です。

【法人向けEight】展示会で交換した名刺をすぐに活用する方法


ネクストアクションで分ける

顧客に対して次にどんなアプローチをとるか、具体的なアクションをラベル名として使うのも良いでしょう。例えば、「2019/08_フォローメールを送る」「2020/01_再アプローチ」のように、ラベル名の頭におおよその対応月を入れておくと、ラベルが日付順に自動でソートされるので便利です。

メルマガの準備は【法人向けEight】で楽々。部署・チームの名刺をもとに配信リストを作れます。


共有ラベルの使い方について、詳しくはこちらのヘルプをご参照ください。

ぜひ部署・チームのスタイルに合った共有ラベルの使い方を見つけて、活用してみてください。


【読者アンケート #27】この記事を読む前から「Eight 企業向けプレミアム」をご存知でしたか?

View Results

Loading ... Loading ...

【読者アンケート #28】「Eight 企業向けプレミアム」をご利用中の方にお伺いします。この記事は役に立ちましたか?

View Results

Loading ... Loading ...

個人情報お取り扱いの方針 に同意して、回答をクリックしてください。なお、Eightユーザー以外からの回答の場合は、アンケート調査のために利用いたします。

アンケートの回答は今後のブログ改善のために利用いたします。ご協力のほどよろしくお願いいたします。


文/村上知香

 

2016年12月、新しい価値を生み出す事業内容に惹かれ、Sansan株式会社に入社。ビジネスSNS Eightのプロジェクトマネジャー(PM)として、ユーザーのエンゲージメントを向上させるための機能開発を推進。

2018年1月、Eightが運営するメディア「Business Network Lab(BNL)」編集部に異動。「Eightの便利な使い方をもっと広めたい」という思いから、「Eight Tips」カテゴリを立ち上げる。

同年6月、「Eight Tips」の拡張版としてEight公式ブログ「Eight Blog」を開設。同ブログでは、使い方紹介に加え、ユーザーの活用事例や社員インタビューなどのコンテンツを配信。