アイスブレイクの話題はEightで探そう。訪問前にチェックしておきたい3つの項目

カテゴリー Welcome Tips

相手が所属する会社の取り組みや、直近で興味があることをEightでチェックしてみましょう。共通の話題が見つかって、相手との距離がぐっと縮まるかも。【Welcome Tips】


こんにちは。Eightの村上です。

取引先に着いてから会議室に通され、本題に入るまでのあいだ、何を話せば良いのか悩むことってありませんか? 私はフリートークが得意ではないので、訪問前には相手の情報を調べて、共通の話題を作るようにしています。

今回は、例として私が最近取材の時にEightで確認するようにしている3つの項目をご紹介します。ぜひ客先に向かう電車の中で確認してみてください。


1. キャリアサマリ

相手がキャリアサマリを書いている場合は、ぜひ目を通してみてください。どのようなビジネスに携わってきたか、またどんなことに興味があるかが分かります。共通の話題を見つけてみましょう。

例えば、Eightマーケティングの小林の場合。

profile_1.PNG
ホーム画面で[ネットワーク]タブをタップし、一覧から相手の名前を選択するとプロフィール画面が開きます。
profile_2.PNG
どのようなビジネスに携わってきたかだけでなく、出身地や趣味も分かります。さらに、強みが分かる性格診断「ストレングスファインダー」の結果も書かれているので、もし営業に行くなら、戦略を立てるヒントになるかもしれません。

「富山ご出身なんですよね? 旅行で一度行った時、寒ブリがすごく美味しかったです!」のように、アイスブレイクの話題として最適ですね。


2. 投稿(タイムライン)

さらに、相手の投稿履歴を見ると、直近でどのようなことに興味を持ったかが分かるでしょう。Eightのフィードでは、ビジネスニュースや自社の取り組みなどにコメントを添えて投稿する人が多いので、過去の投稿をさかのぼると、相手の人となりも見えてくるかもしれません。

profile_3.PNG
小林は元サッカー少年だったんですね。サッカーが好きな人は話が合うかもしれません。

3. 企業ページ

相手の会社が直近でどのような取り組みをしているかを知ると、会話がぐっと広がるはず。ビジネスの話題にもつなげやすいかもしれません。

そこで確認したいのが「企業ページ」。Eightでは、企業としてアカウントを作成し、自社をフォローしてくれたユーザーに対して、例えば新商品やイベントの告知などを発信する仕組みがあります。このページを見れば、企業概要だけでなく、直近の取り組みまで分かります。

profile_4.PNG
会社名をタップ。
profile_5.PNG
Sansanの企業ページ。相手の会社が企業アカウントを作成している場合は、投稿履歴を閲覧できます。
profile_6.PNG
最近Techブログを始めたんですね。もし自分の会社も同じような取り組みをしていたら、互いのノウハウを交換できるかもしれません。

もしかしたら、相手もあなたの情報を知りたいと思ってEightを見ているかもしれません。「キャリアサマリを書いていない」「あまり投稿をしたことがない」という方は、これを機に始めてみませんか。


文/村上知香

2016年12月、新しい価値を生み出す事業内容に惹かれ、Sansan株式会社に入社。ビジネスSNS Eightのプロジェクトマネジャー(PM)として、ユーザーのエンゲージメントを向上させるための機能開発を推進。

2018年1月、Eightが運営するメディア「Business Network Lab(BNL)」編集部に異動。「Eightの便利な使い方をもっと広めたい」という思いから、「Eight Tips」カテゴリを立ち上げる。

同年6月、「Eight Tips」の拡張版としてEight公式ブログ「Eight Blog」を開設。同ブログでは、使い方紹介に加え、ユーザーの活用事例や社員インタビューなどのコンテンツを配信。