「本日はありがとうございました」。いつものメッセージをすぐに呼び出せる「定型文」機能

カテゴリー Advanced Tips

名刺交換リクエストでつながった後や、訪問後のお礼の連絡を効率化。特に、よくメッセージを使う方におすすめの機能です。【Advanced Tips】


「お世話になっております。〇〇会社の〇〇〇〇です。本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございます」。

訪問後のお礼メッセージ。できれば、決まった文章の入力は簡略化したいですよね。

メッセージの「定型文」機能を使ってあらかじめ登録しておけば、ワンタップで入力が可能。電車の中でもパパッと送れます。

定型文というと「相手に無機質な印象を与えてしまうのではないか」と気になさる方もいらっしゃるかもしれません。そんな時には、定型文のほかに、相手のことを考えながら書いたと伝わるメッセージを加えてみましょう。ひと言だけでも親近感が増すはずです。例えば、アイスブレイクで盛り上がった会話の内容を添えると良いかもしれません。

特に、よくメッセージを使うという方はぜひお試しください。


定型文の使い方

  1. メッセージの入力欄の下にある定型文アイコンをタップ
  1.  [メッセージ定型文]の[編集]ボタンをタップ
  1. 任意のテキストに編集して、画面右上のチェックマークをタップ
よく名刺交換リクエストを受けとる方は、「リクエストありがとうございます」などのお礼のメッセージを登録しておくのもおすすめです。
  1. 元の画面に戻ったら、「+」ボタンをタップ
「+」ボタンをタップすると、メッセージ入力欄に定型文が反映されます。この時点では、まだメッセージは送信されません。
  1. 定型文にメッセージを加えたい場合は入力欄で編集
定型文のほかに、共通の話題などを加えると親近感が増すでしょう。
  1. 入力が完了したら、[送信]ボタンをタップ

ちなみに、私もこの機能を使っていますが、できるだけ機械的にならないよう、定型文のほかに何かひと言加えるよう心がけています。さらに、印象を柔らかくするためにスタンプを添えることも。こちらも文脈に応じてぜひ使ってみてください。

私は一番上の左から3番目にあるお辞儀スタンプをよく使っています。

文/村上知香

2016年12月、新しい価値を生み出す事業内容に惹かれ、Sansan株式会社に入社。ビジネスSNS Eightのプロジェクトマネジャー(PM)として、ユーザーのエンゲージメントを向上させるための機能開発を推進。

2018年1月、Eightが運営するメディア「Business Network Lab(BNL)」編集部に異動。「Eightの便利な使い方をもっと広めたい」という思いから、「Eight Tips」カテゴリを立ち上げる。

同年6月、「Eight Tips」の拡張版としてEight公式ブログ「Eight Blog」を開設。同ブログでは、使い方紹介に加え、ユーザーの活用事例や社員インタビューなどのコンテンツを配信。